川崎市宮前区野川にある自主学童保育ささのはクラブです。

手作りおやつ

四季折々の美味しい食体験!

手作りおやつ

ささのは手作りおやつ「何を作って食べようか」
 家では「きらい」で食べないものでも、自分たちで作って、みんな一緒に食べてみたら「食べられることもある」のはとっても不思議です。
 グループ毎に、みんなで分担して、などの方法の違いはあっても、子どもたちが自分たちで作ることを基本にしている手作りおやつです。
 ほうちょうも、やわらかい物からなど、食材を工夫していくと、切ること、皮をむくこともできるようになっていきます。火を使うことも、時には、かまどを使って火をおこすことも経験すると、火の怖さや火が燃える仕組みも経験できて、揚げること以外の煮る・焼く・蒸すなどはできるようになります。
 食べ物に興味をもって、料理を作る基本の技術も身に付けることや季節の自然を感じながら作ることは、食べる楽しみを倍増できること、自分の力に自信を持っていけるようにもなっています。

味噌おでん

 やっと涼しくなってきたので、こんにゃく・じゃがいも・大根・卵を茹でて味噌おでん。3年以上はやっぱりじゃがいもの皮向き、1・2年はこんにゃく・大根切りと、ゆで卵の皮むき大根の皮は、今日は皮むきでむきました。面白いようにむけるけどどんどんむくとなくなるよ。

ホットドック

 今日の仕事はキャベツの千切り、いかに細く千切りができるか競い合っていました。茹でたソーセージとキャベツをパンにはさんで、ラップで包み、かまどで火を燃やした上に乗せて、温めれば出来上がり。外で食べたホットドックは少しこげ味がしておいしかった。

焼きそば

 キャベツを切る人、モヤシを洗う人、焼きそばの袋を開ける人、ソースの粉の袋を開ける人、と役割分担して、手際よく材料切り。キャベツは、「人が食べるんだからもっと細かくして」と3年生が叫んでいました。

なしの皮むき

 8 月の末に行ったなし狩りで取ってきたなしをむきました。1年生は初めての皮むき。かわが固くて、実が軟らかいなしは、皮むきがやりやすいのです。木を削る時とは、刃は反対向きで、指の下を刃が通って行くので、ドキドキ。でもゆっくりやったら、むき方がわかって、自分でむいたなしはおいしかったようです。厚くむいた皮についた身がもったいないと、むいた皮まで食べていました。
なし狩り1  なし狩り2  なし狩り3

夏休み中に作ったもの

 ホットケーキ・フルーツポンチ・クリームソーダ・フルーツゼリー・バナナアイスなど

おにぎり作り

 お泊り会の朝ごはんは、キャンプの練習も兼ねておにぎり作り、お茶碗にラップを乗せて、ご飯を入れて、具を入れて、きゅっきゅっと握って海苔をまいて食べました。おにぎりにすれば、お茶碗2杯分はあっという間に食べてしまいました。

フリーメニュー

 キャンプの1晩目はグループ毎に好きなメニューの料理を作ります。今年は、まぜご飯・焼き肉・煮込みハンバーグ・豚汁などを組み合わせた献立になりました。自分のグループだけが作るので、みんな大張り切り、他のグループの子にも味見をさせてあげて、「おいしい」と言われて満足そうでした。

エジプトパン

 たき火で焼くパン作り。小麦粉をふるって、材料をべとべとしなくなるまで混ぜて、テーブルに300回叩きつけてパン生地を作ります。大鍋に暑いお湯を入れて、大ビニール袋に入れたパン生地を浮かばせて、発酵するのを待ちます。外でたき火を起こし、発酵したパン生地をしの竹に巻きつけて、遠火でくるくる回しながら焼きます。焼けたら竹から抜き穴にジャムやチョコレートをつけて食べます。

エジプトパン1  エジプトパン2  エジプトパン3

カレー

 7 月のキャンプに向けてグループ毎にカレー作りの練習をします。1年は玉ねぎ、2年はにんじん、3年以上はじゃがいも担当です。1年は涙を流しながら玉ねぎを切ります。2年以上の子が、自分の経験から、「窓をあけたら良い」「触った手で目をこすっちゃダメ」「目が痛くなる前にさっさとやるしかない」と色々アドバイス。材料が切れたら、外のかまどで火起こしからやります。細かい枝を集めて、新聞の丸め方、まきの重ね方を3年がていねいに説明して、マッチで火をつけるのは3年生。交代であおぎ、煮え具合は、じゃがいもをつついて全員で確かめ、カレールーも全員で入れます。

ポテトサラダ

 1年はきゅうり2年はにんじん3年以上はじゃがいもの担当。じゃがいもの皮むきは3年にとっては難しいけど、とにかく繰り返しが大切です。

フルーツポンチ

 1 年はバナナ、3年はりんごの皮むき、2・4年以上は缶きり、かんづめの果物はみんなで切りました。1年が初めて使った包丁は、ネコの手で押えて包丁を持ったほうから切ることを覚えました。2年は缶切りは手前に進む(ホー、ナルホド)のを経験しました。ドバドバボールに入れて、オレンジジュースを入れて出来上がり、たっぷりあっておいしかった。

よもぎだんご

 野川のよもぎを摘んで、すり鉢ですって、だんごの粉と混ぜて、色んなかたちの団子を作ります。だんごにかけるきな粉は、ささのは特製石臼きな粉。1年は粉を混ぜる、2年以上はよもぎを切る、すり鉢でするのは全員、よもぎと粉を混ぜて形を作るのも全員。ハートやうさぎやへびや色んな形が出来ました。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional